印鑑の材質

手彫り印鑑の材質


夢印で取り扱っております印鑑の材質をご紹介いたします。
夢印では天然素材にこだわり、その性質(印材の硬さや繊維の密度)を見極め一級印章彫刻技能士の確かな目で素材を選定し、彫刻いたします。


象牙(政府認定正規輸入品)

象牙印材

程よい硬さがあり、彫刻にも捺印にも最適な印材とされます。気品のある色つや、きめ細やかな肌合いは印材の中でも最高峰と言われ、使い込むほどに出てくる光沢とクリーム色がかった色味は永年の愛着になります。まさに、一生使っていただける印鑑にふさわしく、古来から印鑑の王様として親しまれてきた素材です。ひび割れや虫食いに強く精密な彫刻に向いています。
現在象牙は「ワシントン条約」において輸入が禁止されています。ただし、日本国内では公的な管理のもとで販売が許可されており、弊店で扱っている印材は、輸入禁止前の材料、または一時的に解禁された際の材料の合法的なものを使用しております。国内の象牙の在庫量は年々減っており、希少価値が大変高まっています。

※当店の象牙は、経済産業省認定の本象牙を取り扱っており、正規輸入認定シールをすべての象牙印章にお付けしています。


大角牛(純白)

大角牛【純白】印材

大角牛は、オーストラリア産の水牛の角を加工した素晴らしく美しい材質です。なかでもこの「純白」は特に希少で、最高級品になります。また透明度が高く、見た目が美しいことから、特に女性に人気があります。
硬さ、弾力ともに印材に適しております。
弊店では、大角牛の中でも耐久性に優れている、芯の通った角の中心部分芯持ちという印材を厳選し、使用しております。


大角牛(特選)

大角牛【特選】 印材

大角牛は、オーストラリア産の水牛の角を加工したたいへん美しい材質です。この「特選」には模様に変化があり、同じパターンの印材が出来ないことから「オンリーワン」の印材として人気があります。
弊店では、大角牛の中でも耐久性に優れている、芯の通った角の中心部分芯持ちという印材を厳選し、使用しております。


黒水牛

黒水牛 印材

アジアに生息する水牛の角を加工した素材で、濡れたような漆黒の光沢が特徴。朱肉をつけた時に黒と赤のコントラストが美しく、印章の定番素材として人気です。黒水牛は印材以外にも、ボタンやアクセサリーとしての材料としても重宝されています。近年では東南アジアにおいて農業機械が普及し農耕用として水牛を飼わなくなってきているため材料も減少傾向にあります。
弊店では、黒水牛の中でも耐久性に優れている、芯の通った角の中心部分芯持ちという印材を厳選し、使用しております。


薩摩柘植

薩摩柘植 印材

植物系の印材ではもっとも繊維が緻密で、硬度・粘りがあり篆刻に適しています。きれいな木目も特徴のひとつで、木製の一般的な印鑑として広く愛用されています。柘植にはいろんな種類がありますが、中でもこの薩摩柘植は捺印性にすぐれていて、高級品として扱われています。
ただし、木製品なので直射日光や乾燥・湿気等に弱いため、保管に注意が必要です。
保管方法次第で、長年ご愛用していただける材質です。


手彫り 個人印
手彫り 個人印セット
手彫り 法人印
手彫り 法人印セット